動画でわかるOriHime eye+Switch
3つの入力方法
補装具申請の流れはこちら
ご訪問・リモートでもトライアル可能

OriHime eye+Switchは、
できないことできるに変えるためのプロダクト

OriHime eye+Switch(オリヒメアイ プラス スイッチ)は、文字入力や合成音声でのスピーチができる意思伝達装置です。

病気の進行によって筆談やキーボード入力が難しくなったり、気管切開で声を失っても、視線入力装置やスイッチを使って文章打ち込んで読み上げることが可能です。 また、通常のパソコン同様、書類の作成や動画視聴を楽しむことも可能です。

従来のアナログ透明文字盤のように介助者の手を借りなくても、使用者自身がパソコンを操作し文章入力ができるため、介助者にとっても負担が軽くなります。

構成・価格

各種機能

感情表現機能

メール機能

文字盤による会話

ことば登録

Windows操作

予測変換

呼び鈴・環境制御装置
(別売・公費対象)

要OriHime機能

分身ロボット
OriHime操作

写真撮影

各種機能

感情表現機能

メール機能

文字盤による会話

ことば登録

Windows操作

予測変換

呼び鈴・環境制御装置
(別売・公費対象)

要OriHime機能

分身ロボット
OriHime操作

写真撮影

3種類の入力方法

身体状況に合わせて、入力方式を変更できます。OriHime eye+Switchはもっとも長く使える意思伝達装置です。

音声合成

OriHime eye+Switchは、以下の音声合成テクノロジーと連携可能です。
音声合成とは人間の音声を人工的に作り出すことが可能であり、これらのテクノロジーと連携することで、読み上げ機能をより感情的に、本人に近い音声で使うことができます。

活用事例

長崎県 小野さんの場合

脳性麻痺患者の小野さんの場合、病室でご利用いただいております。 長崎県立諫早特別支援学校に通われていて授業でも活用頂いております。 テストもOriHime eye+Switchで回答したり、OriHimeで授業中に挙手をしたり、 プライベートでは絵を描く事も。 officeのPowerPointを利用してプレゼンを行う事もあります。

広島県 横田さんの場合

ALS患者の横田さんの場合、ご自宅でご利用いただいております。 OriHime eye+Switchを使い、好きな音楽を自身が聴きたいタイミングで 自ら曲を流しています。テレビのチャンネルもご自身で変えて思い思いに過ごされております。

補装具申請の流れ

意思伝達をするうえで装置が必要な方のための制度として、補装具費支給制度がございます。
補装具費支給制度は、対象となる方が意思伝達装置をお求めの際に1割負担で購入ができる制度です。
補装具費支給制度のご利用についてはオリィ研究所までお問い合わせください。

  • ①オリィ研究所へ、OriHime eye+Switchについてお問い合わせ
  • ②医療施設など、かかりつけの病院の担当医にご相談。
  • ③役所(管轄の市区町村)へ必要書類の提出。
  • ④役所にて、書類判定、または直接判定を実施。
  • ⑤自己負担額が確定した場合、オリィ研究所または代理店にお支払いを行う。
  • ⑥オリィ研究所から製品をお届け。

マニュアル・デモダウンロード

アプリケーション、ソフトウェア・ドライバはお試しで使用できます。
使い方マニュアルはPDFでダウンロードできます。

(c) OryLab Inc.