いつでも話せる
テレワークロボット

テレワークに最適化されたOriHimeBizで、そのひとがオフィスにいるように会話しながら働くことができます。

まずはトライアルから!

オフィスで
教育現場で
受付として
結婚式場で

遠隔コミュニケーションの
お悩み解決します

特徴1:デザイン

存在感を感じるデザインで、気軽に話しかけることができます。

特徴2:常時接続に最適

常に接続しておくことで、チームはスムーズに会話できます。

特徴3:複数人でも利用可

管理ツールの設定で、複数人でのご利用が可能です

OriHimeはインターネット経由でコントロールする分身ロボットです。 常に繋ぎ続けていても、プライバシーが守られて利用者の負担になりません。だから、いつでも会話することができます。

遠隔会議システムやチャットツールでは難しい、立ち話をするようなコミュニケーションのままテレワークを実施することが可能になります。

OriHimeでよりよい
テレワークを実現された
お客様


東日本電信電話株式会社さま

NTT東日本さまでは、社員の育児や介護と仕事の両立を支援し、生産性の向上と多様な人材の活躍推進を図る視点から、在宅勤務制度が導入されていました。

しかし、在宅勤務の社員とオフィスにいる社員とのコミュニケーションに壁が生じがちで、時に孤独感を感じたり、従来から用意されているテレビ会議システムは家庭内の状況が映り込むため、抵抗感を感じるなどの課題も見えてきました。

これらの課題に取り組むため、H27年秋より分身ロボットを活用したテレワークを社内トライアルとして実施することとなり、オリィ研究所のOriHimeが採用されました。

トライアルの結果、在宅勤務の社員が家庭内のプライバシーを守りつつ、いつでも分身ロボットに自由に接続できることで在宅勤務者の孤独感や抵抗感を和らげ、ロボットの存在感がオフィスにいる社員に伝わることによるコミュニケーションの円滑化、チームワークの向上につながっています。

OriHime - いつも通りのコミュニケーションを実現します

OriHimeは、そこに人がいるかのような存在感で動きます。

これまでのコミュニケーション方法のままテレワークを実施できます。休憩時間には雑談も起こり、テレワーク環境下でもチームワークを維持することができます。

操作 - 話しかけるように気軽に接続できます

話したい人の顔を向いて話すことも、ボディランゲージを使うこともできます。

アプリからボタン一つでつながり、簡単に操作できます。

管理 - 組織に合わせたセキュリティ設定が可能です

管理ツールから、ユーザーを制御したり、利用履歴を閲覧することができます。特定の日だけテレワークする、会議室を何時から使う、など様々なシチュエーションに対応できます。

OriHimeの使い方

対面でのコミュニケーションに
フォーカスした
いつでもつながるテレワーク

お見積り・お問合せ


株式会社オリィ研究所

orylab.com

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-8-3 日本橋ライフサイエンスビルディング3 5F