主な機能
 

分身ロボット

OriHimeは首と腕、カメラとマイクを搭載しています。 遠隔地の操作者はカメラとマイクと動作する首で臨場感のある通話を行えます。 OriHimeの近くにいる人は、腕や首を振るロボットへ話しかけることで、遠隔地の操作者と話をすることができます。

単方向ビデオ・双方向音声

OriHimeは単方向のビデオと双方向の音声を使ってコミュニケーションを行います。これにより「監視されている」感覚をより小さくし、リモートワーク時にも常時接続が行いやすくなります。 同時に、通信量も必要最低限で済むようになります。

利用状況の確認

管理ツールでは各操作者やOriHime毎にどの時間どれだけの通話が行われたかなど、詳細なログを確認することができます。 通話の時間や、通話が活発に行われているかなどが一目でわかります。

HDビデオ

OriHimeは臨場感を伝えるために、HDクオリティのカメラを搭載しています。VP8コーデックを利用し、HDビデオを最低限のインターネット接続環境で送信します。 もちろん、限られた通信状態などの場合には自動で画質を調整します。

外部マイク・スピーカー

OriHimeにはもともとスピーカーとマイクが内蔵されていますが、大きな会議室でも利用できるように3.5mmミニジャックも搭載しています。 大きな部屋での利用時にはそこにマイクとスピーカーを接続すれば、快適にご利用いただけます。

選べる2タイプ

OriHimeには単体動作型とPC接続型があります。 単体動作型はiOSアプリから設定し、簡単に運用することができます。 高度なセキュリティ環境下での運用など、ネットワークへの接続要件が厳しい場合にも、PC接続型を利用すればOriHimeをご利用いただくことができます。

管理アカウント

OriHime Bizでは、OriHimeのアカウントと操作したい人のアカウントを管理者が管理します。 これによって、システムの利用者は負荷なくスムーズに利用し始めることができます。

ゲストを招待

OriHimeにゲスト操作者を割り当てることもできます。 会議に出席してほしい外部の人へ、一定時間だけ有効なゲストアカウントを作成して伝えてあげれば安全に会議に出席してもらうことができます。

様々なデバイスから操作

簡単に利用できるように、iPad、Androidタブレットはもちろん、各種スマートフォン、PC、Mac、Google Chrome Webブラウザなど、 様々なデバイス・ブラウザからOriHimeを操作することができます。

 
その他多数..

セキュリティ
 

通信の暗号化

OriHimeのソフトウェアが行う通信は全て暗号化されています。 サーバとの通信はもちろん、映像・音声などのリアルタイムデータも暗号化されており、通信内容の盗聴や改ざんを防ぎます。

ファイアウォールの通過

OriHimeの映像・音声の通信は適切なUDPポートが解放されていなくても、WebのためのTCP443から通信することができます。 OriHimeのためにファイアウォールに特別な設定を行う必要はありません。

ハッシュ化・暗号化

パスワードなど、重要な情報はデータベースへハッシュ化・暗号化されて保存されます。 これにより、万が一悪意のある第三者にデータベースを閲覧されたとしてもアカウントを利用されてなりすまされることを防ぎます。

 
その他、日々改善を行なっております。

セキュリティオプション

高度な利用のための特別なセキュリティ機能もございます。 ご興味のある方はお問い合わせください。
 

パスワードルールの強化

デフォルトでは利便性のためにパスワードルールは容易なものとなっております。 英数大小文字など、強固なパスワードルールを設定することで、辞書攻撃などのリスクを低減します。

ログイン有効期限の設定

アカウント種別ごとにログイン時の認証情報の有効期限を設定することができます。 ログイン有効期限を設定することでデバイスの紛失時などに、悪意のある第三者からなりすまされるリスクを低減します。

IPアドレスフィルタ

IPアドレス・ネットワークを指定してログイン可能なアカウントを制限します。 OriHimeを利用可能なアクセス元を特定の場所に限定することができます。

2要素認証

ログイン時にパスワードだけではなく、別途送付されるセキュリティコードを利用するようになります。 万が一アカウント情報が漏洩した際にも、セキュリティコードを受け取ることができなければ認証できません。

ログイン毎のアラート

新しいデバイスでのログイン毎に指定のメールアドレスにアラートメールを送信します。 万が一アカウント情報が漏洩した際にも、意図しないログインが行われた際にはそれに気づけるようになります。

通話毎のアラート

操作者とOriHimeとの通信が確立されるごとに指定のメールアドレスにアラートメールを送信します。 万が一アカウント情報が漏洩した際にも、意図しない通話が行われた際にはそれに気づけるようになります。

株式会社オリィ研究所

orylab.com info@orylab.com

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀 3-3-50 パークファミリア 501